本文へスキップ

高知 メガネのハマヤは、浜田清と久美のメガネ店です。

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-0171

〒781-2105 高知県吾川郡いの町新町66

近視で内斜位について

事例 3

女性 30代のC様 近視で内斜位?
眼が疲れやすい傾向です。

裸眼視力
R(右眼) 1.5
L(左眼) 1.5

5mでの基本度数は、
R Sー0.25D C−0.25D Ax20
L Sー0.25D 

眼位(視軸の向き)検査では、水平眼位 内斜位 8.0△B.O.(ベースアウト)。
垂直眼位  R 1.5△B.D.(ベースダウン)。

眼位検査は不安定なこともあり、融像を完全に除去した検査方法も実施しました。
  
右眼に特殊なフィルターレンズを装着しています。
右眼と左眼の印象が大きく違うので、通常の融像ができません。

当店は、それを利用して、丁寧に眼位の測定をしています。
近視で内斜位」の眼位は、いつも疑いの目で見ています。近視のメカニズムからいえば、不自然な眼位だからです。
不安定な眼位のC様。あんのじょうカバーテストでは「外斜位」の動きがありました。
 

・ カバーテスト

眼位ズレの検査に用いています。

斜位があるのかどうか
斜位なのか斜視なのか
眼位ズレの方向は
など、カバーテストは*両眼視の状態や異常を知る上で欠くことのできない検査です。

両眼視とは
両眼を使って、あたかも一つの眼で物を見ているように感じる機能です。
同時視、融像、立体視、深径覚などの機能があります。
「これは、本格的に怪しい」外斜位か内斜位かどっちだ!

2mでの眼位検査をしますと
水平眼位 10.0△B.O.(ベースアウト)。
垂直眼位  R 1.0△B.D.(ベースダウン)。
ベースアウトが増えています。

通常、眼位検査は遠見(5m)と近見(40p)ですることが多いのですが、不安定な眼位のC様には2mでのチェックも入れました。

C様に今までの生活などをお尋ねしますと、
「目が時々寄る(耳側に)ことが気になっていました。人の目も気になり、学生時代から目を鼻側に寄せたり、眼球を押したりを繰り返していました」とおっしゃいます。

な る ほ ど 、「それで輻輳過多になっているのか」納得。
もちろん、決めつけることはいけませんが、眼位が内斜位に検出される原因の一つにはなるでしょう。
輻輳過多輻輳過剰と言い換えることができます。

多面プリズムバーで上下方向の開散力(融像力)の検査をしますと、高い開散力を示しました。
  
■多面プリズムバー
・眼位検査
・融像力検査
に使用します。
0.50△〜6.00△のプリズムレンズが入っているプリズムバーです。
上下方向にも過剰ぎみの傾向が見られます。これは「補正能力が高い」ともいえます。

調製度数は、
R S±0.00D  0.50△B.D.(ベースダウン)
L S±0.00D  0.50△B.U.
(ベースアップ)

水平方向へのプリズムは入れていません。
本当は外斜位なのでしょうが、輻輳過多ぎみのC様に水平方向へのプリズム矯正は必要ありません。

上下方向は、開散力を考慮に入れ、プリズムを入れることにより良い感触(気持ちがいいとか)があり、矯正することにしました。

C様は心理的な要素で、眼位のトラブルを起こしている面もあります。
外眼筋も神経支配されていますから、ストレス、自意識過剰などがあると輻輳過剰になることもあります。
それだけデリケートなんですね、外眼筋は。

メガネは、光学的な矯正もできるのですが、心理面の改善も期待できます。
メガネで他人の視線をコントーロールすることも可能です。C様には「色彩を持つフレーム」を選んでいただきました。
メガネの大切な3要素は「光学的」、「力学的」」、「美的」要素です。

当店は検査データだけでなく、人間データも考慮に入れてメガネ調製をしていきます。


器械近視と眼位について



ビジョンテスター
「ビジョンテスター」というこの検査用具を使用して屈折度数を測定すると、眼の屈折状態がより近視側に測定されることがあります。

それは、筒のようなものを不自然な状態でのぞきこむことにより、「調節力」が影響を受けるからです。
過度に調節機能がおこなわれている状態は、乱視や眼位にも影響します。

ビジョンテスターでの検査とテストフレーム検査とでは、乱視度数、乱視軸、眼位が違っている。というのは珍しいことでありません。
「ビジョンテスターでの検査は調節力に影響がある」ということは輻輳力にもその影響は及びます。
輻輳力に影響があれば、当然眼位検査は不安定になりやすくなります。
「外斜位もしくは正位なのに、内斜位で検出される」可能性が高くなるのもこの器械です。

さらに「ビジョンテスター」+「接近ボックス視力表」の眼位検査で検出された内斜位は、あてになりません。

 
接近ボックスの視力表

視力表の中には、1mの前方に設置して、5mでの検査ができるものもあります。
この視力表は周辺部の枠などで、感覚的に5mという感じが起きないので、無用な調節がおきやすくなります。

当然、乱視や眼位も違った度数が出てくることがあります。 

ビジョンテスターを利用して、接近ボックス視力表での屈折検査は、信頼がおけないです。
  
内斜位4へ
  
内斜位2へ

浜田 清の知恵へ 

shop info店舗情報

高知 メガネのハマヤ

〒781-2105
高知県吾川郡いの町新町66
TEL.088-892-0171
定休日 毎週木曜日
営業時間 午前9時〜午後7時